南インドの旅~よきことは何か?

昨年は『仕事にインスパイアされる場所』に行きたいと、ぼんやり考えていた。

 

街に住む人が、心地よい暮らしを自分たちで作り出している…長い年月を経て持続的に育まれた有機的な生態系を目の当たりにしたい。

 

米国ポートランドや英国トトネス、ドイツにイタリア…。いくつかの街に魅力を感じながら、そのムーブメントの『源流に出会ってみたい』と感じた時、南インドのヨガリトリートの話が舞い込んできた。

 

2017年9月の末から、南インドケララ地方にあるリトリートセンターでの7日間。有機農法やアーユルベーダの発祥の地。識字率が高く、男性上位であるインドで女性の地位が比較的に高く働く女性が多いらしい。古来の知恵が暮らしに根付き、持続的な暮らしの循環を感じることが出来るかもしれない。

今回は、ヨガ・瞑想・・オプションでアーユルベーダのマッサージも!100%ナチュラルなケララ料理も堪能できる。

身体調整に脳トレ…湯治に出かけたつもりで自分も養生しよう!軽い気持ちで参加を決めた。

 

はじめて降り立ったインド、真夜中のコーチン空港はトイレもピカピカ!新しく快適だ。

 

タイミングよく迎えのタクシーに乗り込んで、街中を走り抜ける。対向車すれすれでセンターラインをはみ出して追い越すタクシー。クラクションを鳴らし合ってコミュニケーションをとる。車と車、人と人もとても近い。日本なら、いきなり路上でケンカがはじまりそうな距離感がここでは当たり前らしい。

 

延々3時間、時差ぼけで意識も遠くなりながら滞在先に到着。Ahimsa Garden Reteatだ。


f:id:NorikoNishimoto:20180304133705j:image

 

主要客は、アメリカ人やヨーロピアン。

オーナーがアメリカ在住の女医さんということもあり、気配り上手な女性スタッフが生き生きと働く。
f:id:NorikoNishimoto:20180304133825j:image

宿泊施設の隣には、地域の人々のための小さな診療所と小さなソーイングセンターがある。
f:id:NorikoNishimoto:20180304134449j:image

リトリート施設の運営も、診療所やソーイングセンターも「地域の女性の雇用」を生み出すことが狙いだ。

 

もともとこのリトリート施設のある場所は、かつはオーナーの実家の土地。実家がなくなった後、近隣の土地と同様に「ゴム椰子」の森になったが、オーナーがひとつひとつの土地を買い戻しリトリートセンターを作った。

 

アーユルベーダの薬草がしげる庭。
f:id:NorikoNishimoto:20180304142729j:image

ミルクを提供してくれる牛たちもいる。
f:id:NorikoNishimoto:20180304135456j:image

 

暮らしに必要なものを丁寧に集め提供する。

朝早くから手間をかけて作られる食事や、ゆるやかな時間は、日本にもつながる豊かさを感じさせてくれた。

 

「よきこととは何か?」

この地で培われた思想や哲学が、長い長い時を経て、世代を越えて表現されたのがこの場所だと感じた。高い理想をかかげ、小さく有機的に創造し、矛盾が出たら休んで考え直す…女性ならではのしなやかさとリアルさの塩梅が絶妙だ。

働く女性達は誇りがあり、美しい。

 

小さなリトリート施設には、イデオロギーや宗教(キリスト教ヒンズー教、仏教、シーク教…何でもOK)のしばりを感じることもなく、「こうありたい」という想いが日々刻々と形作られている。ゆっくり、おおざっぱかつ繊細に。
f:id:NorikoNishimoto:20180304142542j:image


どこでも、誰でも、自分たちの「よきこと」を表現していい。間違ったら軌道修正したらいい。まだ世の中で未開拓な女性ならではの感性を表現し合うことで、地域にささやかな心地よさが生まれたら素敵。

 

正しいとか間違っている…という議論の前に「描いて」「自らやって」「試してみよう」ということか~!と腹落ちした旅。

結果を問うのは、100年先かな。